久喜市南栗橋の眼科 南栗橋おおかわ眼科|近視・遠視・乱視 ものもらい 白内障 緑内障 南栗橋 久喜市

久喜市南栗橋の眼科 南栗橋おおかわ眼科

久喜市南栗橋の眼科 南栗橋おおかわ眼科の診療時間は9:00~12:00 15:00~18:00 土曜午後14:00~16:00 休診日:木曜、日曜、祝日

久喜市南栗橋の眼科 南栗橋おおかわ眼科は東武スカイツリー線「南栗橋駅」西口より徒歩1分

久喜市南栗橋の眼科 南栗橋おおかわ眼科の電話番号0480-47-0567

アレルギー性結膜炎

季節性アレルギー性結膜炎

花粉による花粉症は季節により発症します。

通年性アレルギー性結膜炎

ハウスダストやダニなどによるものは、通年で起こります。

その他のアレルギー性結膜炎

コンタクト使用によるアレルギー性結膜炎

コンタクト使用によるもの(付着したタンパク汚れがアレルゲン)は、コンタクトの使用状況が良くない時に発症します。

巨大乳頭結膜炎

巨大乳頭結膜炎は一番ひどい合併症となります。

アトピー性皮膚炎にともなうアレルギー性結膜炎

アトピー性皮膚炎にともなうアレルギー性結膜炎もあり、とくに春から夏に症状が悪化する「春季カタル」と呼ばれる状態に至ることもあります。

この場合、特殊な点眼を用いる事があります。

症状

アレルギー性結膜炎になると、まぶたの裏に濾胞(ろほう)と呼ばれる、小さな水ぶくれ・ブツブツができます。

充血、腫れが現れたり、ブツブツが大きくなり結膜乳頭になることもあります。

また、痒くてこすりすぎると、結膜浮腫というむくみが生じて、白眼がプヨプヨしゼリーや寒天のように見える状態になります。

しばらくすると治まりますが、不安に陥る方も多いと思います。

治療

治療は抗アレルギー薬、ステロイド、メヤニを伴う場合には抗菌薬の点眼も用い行います。

抗アレルギー薬も何種類かありますので、持続的予防的に効くものから、速効性のあるもの、コンタクトレンズの上から使えるものなど、ある程度は希望にあわせ処方することも当院では行っています。

また、非常に痒みの強い患者様には、眼圧に注意しながらステロイド点眼の併用も積極的に行っております。

アレルギー性結膜炎の痒みでお悩みの方は、ご相談ください。

南栗橋おおかわ眼科ではこちらから問診票をダウンロードいただけます

南栗橋おおかわ眼科では小児眼科としてお子さまの目の検査にも力を入れております

診療内容
近視・遠視・乱視・老視
眼鏡・コンタクトレンズ処方
学校検診
斜視・弱視
眼精疲労
ドライアイ
花粉症(アレルギー性結膜炎)
結膜炎
ものもらい
飛蚊症(黒いものが飛んでみえる)
変視症(ものが歪んでみえる)
白内障・緑内障
糖尿病網膜症
加齢黄斑変性症
その他網膜疾患(網膜剥離など)

このページの先頭へ戻る